うつ病の特徴や予防方法~ココロ專門センター~

予防や治療について

現代のストレス社会では、このうつ病にかかる可能性が少なくありません。ちょっとしたアクシデントやトラブルなどが引き金となって引き起こしてしまうこともあるので予防するにはある意識が大切になります。

詳細を確認する

関わりの深い脳内物質

うつ病になった場合、患者の脳内では健康時と異なった様子を見せます。普段なら分泌されているはずの物質が分泌されずらんくなったり、逆に分泌されていなかった物質が分泌されたりします。

詳細を確認する

多くの人がかかる

根本から治療したいならうつ病などの治療を専門としているこちらのクリニックがオススメです。不安を抱える前に相談してみましょう。

多くの人が発症するうつ病について

現代では多くのうつ病患者がいると言われています。その生涯有病率は6.3%にも上るという報告があるのです。要するに、それだけ一般的な病気と言うことができます。 昔からうつ病は、まじめでおとなしい人がかかりやすいとも言われてきましたが、この生涯有病率の高さを見ると、誰でも発症する可能性がある病気だと言うこともできるのではないでしょうか。 多くの人が発症するうつ病については、まだまだ社会全体に理解が行き渡っているとは言い難い部分があります。このため、病気に苦しみ、周りから理解されずに苦しんでいるうつ病患者も多いのが現状です。 ですから、うつ病に対する理解を深めるためにも、インターネットを活用してうつ病について調べてみる必要があります。

症状を改善するためには

うつ病になってしまった可能性があると悩んでいるのであれば、早めに心療内科を受診しましょう。 うつ病の症状を改善するためには、適切な治療薬を長期間服用する必要があるのです。うつ病に使用される抗うつ薬は、神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリン等を増やしたり、これらの神経伝達物質に対する反応を良くしたりする作用があります。 しかし、一般的にはその作用が現れるまで2週間以上かかるとも言われています。また、改善効果が現れる前に副作用が発現することもあるのです。 どうしても副作用が重い場合を除いて、自分の判断で抗うつ薬の服用を止めてはいけません。そして、焦らす気長に病気と付き合っていく気持ちが大切なのです。

うつ病の原因について

うつ病とは一般的には元気がなくなってしまったり、 気力がなくなって何も手がつかなくなってしまうものです。 うつ病の患者からすると、とてもつらいのですが、周りからは怠けているようではないかと、 思われることがありますが、実際はそうではなくほんとうに辛いのです。 うつ病の原因とされているのが過度のストレスだったり、環境変化であったりします。 一般的に危険とされているのが、精神的に削る仕事であったすることが多いです。 例えば誰かが会社を休んでしまったので怒られに行かないと行けない、 謝らなければいけないといった、自分のためではなく他人の過失が自分に来てしまう、 仕事を行っている人などが危険でうつ病になりやすいと言われています。 またこれの対象方法については、休日に休みを取るなどといった精神面での休養が、 不可欠となります。

うつ症状が出てしまった場合の対処方法について

一般的には精神科や心療内科での回復が一般的とされていますが、 それ以外にも自分の気持ちや精神的な面での話をすることが重要になっていきます。 また、精神科や心療内科を一人で行くということは、 一般的に患者さんができることではありません。 ですので家族がきちんと本人を見つめうつ病の兆候があると感じたら、 病院に行くというのが重要になっていきます。 うつ病の兆候としては、元気がなくなっていたり、気力が無かったり、 常に下を向いているなどといった症状がありますので、兆候を発見した場合には、 速やかに病院での診療をすることが望ましくなっていきます。 また、この際に患者さんが拒む場合がありますが、できるだけ本人と相談して、 判断することが基本になっていきます。

うつ病の症状や治療について。

うつ病の症状は軽度のうちに自覚することが非常に難しく、自分で気づいたときには既に重症化していることが多い病気です。初期症状としては虚無感、抑うつ状態、無気力、眠れないもしくは寝すぎてしまう、情緒不安定になるというような症状がありますが、全員が全員同じ症状が出てくるとは限りません。

心構えを意識して変える

うつ病は誰にでもかかる可能性のある病気ですが、人の考え方や気質によってかかりやすいかどうかは変わってきます。そのため、少し心構えを変えるだけで気が楽になることもあるのです。

詳細を確認する

焦って回復を急がない

治療が上手くいくと、次第に心のもやもやも晴れて回復していくものです。しかし、そこで無茶をした場合や、勝手に服薬を止めてしまった場合はうつ病が完治せずに悪化することもあります。

詳細を確認する

どんな人がこの病気になりやすいのか?

昔からよく言われているのが、真面目な人はうつ病になりやすいこと。これは現代においても変わらない傾向の1つと言えます。そんな人が予防するには、ストレスを溜めないことが大事になります。

詳細を確認する

オススメリンク